花粉症に負けない為に、いま出来ること

毎年やってくる花粉症の季節にウンザリしている人は多いのではないでしょうか?ひどい場合は合併症を引き起こし、重篤な症状で命に関わってくる場合もあります。ですので、花粉症の季節が来る前にはキチンとした対策を講じましょう。

遺伝だけではない花粉症克服の方法

日本人の現代病として年々深刻化しているのが、花粉症です。花粉は文字どうり植物の花粉が鼻や目など入りやすい場所の粘膜に届くことでくしゃみ、鼻水や目のかゆみなどの症状がおこりそれを一時的に体内に曳かせてしまう行為を繰り返してしまうことで、花粉が排出されずに残ってしまい粘膜に広がって、次第に慢性化して変調をきたしてしまっているのが花粉症です。
花粉症の4大症状といわれているのが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりそして目のかゆみになり、これらは花粉の飛散時に症状がおこるために季節性アレルギー性という言葉として定着しています。
花粉症の発症率は遺伝によるものが多いというデータがありますが、アレルギー反応を起こす遺伝子があるかないかに関わる問題であるといわれおり、それは花粉に限ることではないのですが遺伝子は両親のいずれかにあるものは、その可能性は高いといわれているだけで、それがすべてではありませんので自己の日常からできるケアでそれは防ぐことができるものです。
それを根拠に以前は全く影響のなっかた人が突然、発祥するという事例も数多く見られていることから、日常における環境の変化や体調の変化による原因も関係してしていることも考えられます。
発祥してしまった場合の克服というのは、その人それぞれに合った物になりますが、日頃からできる予防という観点も重要になります。ついその場しのぎで、無意識にしてしまう行為というのは、悪化させてしまうことが多い為、発祥してしまった場合の、情報収集をしておくことも大切です。
発症率が年々増えている花粉症は自己の日頃からできるケアによって克服できることから、その日々の生活習慣から見直せることは改善していく心がけは何よりも必要であります。

上へ戻る