花粉症に負けない為に、いま出来ること

毎年やってくる花粉症の季節にウンザリしている人は多いのではないでしょうか?ひどい場合は合併症を引き起こし、重篤な症状で命に関わってくる場合もあります。ですので、花粉症の季節が来る前にはキチンとした対策を講じましょう。

花粉症のクスリは眠くならないアレグラがおすすめ

毎年春先になるとスギ花粉が飛び出します。太平洋側の暖かい地域では2月になるとスギ花粉が飛び出します。早い人では鼻がムズムズし始める季節です。どの天気予報でもスギ花粉の飛散情報を行っていますから、非常に多くの人が花粉症に悩まされているのです。今まで何でもなかった人でもその年から花粉症になるケースもあります。大人も子供も同じです。長年花粉症に悩まされている人は早い時期からクスリを飲んでおられます。花粉症のメインのクスリであるアレグラは飲んですぐ効果が出るというものではありません。花粉症特有のくしゃみ鼻水鼻づまりをすぐに改善する効果は少し薄いです。アレグラは体内でアレルギーを抑制する効果があるものです。アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬といって脳に直接作用しないので眠気がほとんどありません。従来の第一世代抗ヒスタミン薬は直接くしゃみや鼻水鼻づまりを抑える効果がありますが、集中力の低下や、眠気が強く出ることがあり運転をすることを避ける指示があったりという問題がありました。アレグラは以前まで医師の処方が必要なので病院でもらわなければなりませんでした。しかし最近では市販薬として売られるようになっています。それに病院のクスリと同じ効き目があります。アレグラは一日に2回の服用で効果がでます。胃を荒らさないのでいつでも飲むことができます。眠くなったり集中力の低下はおこらないので仕事や勉強、車の運転などに差し支えはありません。アレグラはアレルギー症状を抑制する効果がありますが、くしゃみが連発するようなら頓服など別のクスリが必要となります。そのときは勝手に市販薬を飲まずに、医師に相談するか薬剤師に必ず相談しましょう。

上へ戻る