花粉症に負けない為に、いま出来ること

毎年やってくる花粉症の季節にウンザリしている人は多いのではないでしょうか?ひどい場合は合併症を引き起こし、重篤な症状で命に関わってくる場合もあります。ですので、花粉症の季節が来る前にはキチンとした対策を講じましょう。

学会でも話題の注射で花粉症を治す方法と発熱の副作用

花粉症の苦しい様子を解消させたいと考えた場合、通常は服用薬で様子をみるという方法が行われることが多いものの、効果を感じるまでには時間がかかってしまいます。
そこで、近年希望する方が増えているのが、注射で薬剤を直接的に体内に投与させてしまうというものです。
この注射という方法は、医療に関する事柄に関して意見を交わす学会においても取り上げられることが多く、今後医療技術の進歩によりさらに効果を高め、副作用のリスクを少なくすることができれば、画期的な治療方法になると言われています。
現在、注射を用いた花粉症の治療方法というのは、主に3種類存在しています。
一つ目が、保険が適用されるもので皮膚や目の痒みに対して有効性が高く、鼻づまりや鼻水といったものも解消可能です。
元来は痛みを抑えるための鎮痛剤としての役割があり、3種類の中では最も副作用が無いという点も魅力です。
二つ目は、花粉症の症状が起こる前に予め体内に薬剤を投与し、抗体を生成させるというものです。
メカニズムとしてはインフルエンザのワクチンと同一ですが、副作用の報告もあるため注意しなければなりません。
報告されている副作用としては、喘息持ちの方の発作が酷くなったり頭痛や眠気が起こります。
三つ目はステロイド注射です。
ステロイド剤を投与することにより、体内において構築されている花粉症の仕組みが一時的に消失することが判明しており、そのような仕組みを活用するものです。
ところが、発熱などの副作用に関する情報が寄せられることも多いため、昨今では用いられるケースが減少しています。
保険が適用されないため、実費負担しなければならないという点からも、最も消失しやすいと言えるでしょう。

上へ戻る