花粉症に負けない為に、いま出来ること

毎年やってくる花粉症の季節にウンザリしている人は多いのではないでしょうか?ひどい場合は合併症を引き起こし、重篤な症状で命に関わってくる場合もあります。ですので、花粉症の季節が来る前にはキチンとした対策を講じましょう。

くるみや緑茶よりも早く効く花粉症の薬

花粉症に悩まされやすい体質の場合は、食生活を見直して身体そのものを変化させることが好ましいと言われており、おやつの時間にはくるみを食し、飲み物は緑茶に限定すると良いとされています。
しかし、食生活を見直すということは大きな負担になり得ることですし、同じものばかり口にすることは難しいものです。
そこで、即効性の高さを考えた場合やはり頼りになるのが薬剤ということになります。
花粉症を良好にさせるための薬剤には、抗ヒスタミン剤が配合されていますが、実は抗ヒスタミン剤には副作用が見受けられるという報告もあります。
しかも、副作用により作業能率などが低くなってしまったとしても自覚しにくいと言われているため、しっかりと実情を理解しておくことが求められます。
中でも、大事故に繋がりかねない自動車を運転したり、機械を操作するということに関しては危険なので、より一層注意しなければなりません。
特に、報告されている事例が多いのは服用した後に車の運転を行うと、明らかにブレーキを踏むという動作に遅れが生じると言われています。
眠気などによって引き起こされるのですが、眠気の感じ方というのは個々により異なります。
ただし、薬剤を体内に投与した後はビールであれば1リットル飲用した場合と同じ意識になり、ウイスキーの場合3杯飲んだ場合と同じ意識になると言われています。
つまり、正常な判断はできなくなるということなので、しっかりと自意識を持つようにしてください。
こうした実情を受けて、昨今においては眠気が感じない薬が処方されることも増えてきていますが、相変わらず市販の花粉症対策の薬剤の中には眠気を誘発するものがあります。
眠くならないという場合はカフェインが入っている場合があることも理解しておきましょう。

上へ戻る