花粉症に負けない為に、いま出来ること

毎年やってくる花粉症の季節にウンザリしている人は多いのではないでしょうか?ひどい場合は合併症を引き起こし、重篤な症状で命に関わってくる場合もあります。ですので、花粉症の季節が来る前にはキチンとした対策を講じましょう。

花粉症のメカニズム

花粉症は人の体が持つアレルギー反応によって引き起こされる症状です。
ではそのメカニズムはどのようになっているのかというと、まず花粉症の始まりとなるのは花粉が目や鼻から体に入ってくることです。
体に花粉が入ってくると人の体はそれを無害か有害かのどちらかで判断をするのですが、ここで無害と判断された場合には特に何も起こりません。
そのため花粉症は人の体が花粉に対して有害だと判断したからこそ引き起こされるものとなります。
さて、では有害と判断された場合にはどうなるのかですが、人の体はその後で「有害な物質を外へ排出しなくてはならない」として動き始めることになります。
すると体は花粉が体に入ってきた時に速やかに反応して体外へ排出できるようにIgE抗体と呼ばれる抗体を作るのです。
この抗体ができた後で再び花粉が体に入ってくると、抗体が働いて花粉を外に追い出すために肥満細胞という細胞からヒスタミンをはじめとする化学物質が分泌されてくしゃみや鼻水、涙などで花粉を体外へ排出することになります。
この花粉を体外へ排出するために引き起こされるくしゃみや鼻水、涙といったものがまさに花粉症の症状です。
よって花粉症というのは病気というよりは人の体が持つ免疫反応が過剰に働いてしまっているだけであり、そのために薬などでの根治が難しいとされているわけです。
人によって花粉症になるかどうかの違いがあるというのは最初に花粉を無害と判断するか有害と判断するかの違いによって引き起こされているもので、これは花粉を吸ってきた量によって異なります。
ただいつになっても花粉症になるリスクはありますから、花粉症になりたくないのならば花粉が飛んでいる時期にはマスクなどをして予防すると良いでしょう。

上へ戻る